c0117097_15485141.jpg

お茶会があり今年も水屋のお手伝いをさせていただきました。
ひびがはいった楽茶碗の扱いはこわかった〜。
大きな水盤に藁灰を敷き詰めた炉はとても風情がありました。
茶味禅味と書かれた掛け物もよかったですが、
とりわけ私のヒットは栗を模した茶菓子。
お祭りの日と重なり、菓子匠はぐずったそうですが、先生のごりおしが効き
とても秋らしい大好物の栗を模したお菓子を口にすることができました。
中身は全てあんこ。松葉を敷き詰めた菓子器にころころ。
お味は九州の錦糸そうめんのような甘さでした。
[PR]
by laport20070501 | 2007-10-15 15:54