今は廃墟となっている友人の実家の蔵へお宝探検ツアー。
庭からはすぐ海。プライベートビーチのよう。
建物は江戸時代からのようで相当がたがきていましたが料亭風の大きなお屋敷でした。
蔵の二階は屋根や壁の土が剥がれ落ち、ムーとして熱中症になりそうでした。
長持には屏風、茶道具、食器類。箱書きも天保といったものばかり、
(後日骨董商に鑑別してもらう事にしてとりあえず、私達の目利き作業をしておきました。)
相当な宴会が催されてた感じでした。
船問屋かお武士階級のお家だったようです。
c0117097_9343134.jpg

○○家へようこそ〜。恐ー。懐中電灯効果が出てます。
c0117097_9353186.jpg

船に乗せていた金庫。パイレーツオブカリビアン!
c0117097_9354628.jpg

新聞が時代を語ります。日露戦争の頃の記事。
c0117097_943792.jpg

角樽。ディスプレイ用にいただきました。
c0117097_9432721.jpg

貴重な播陽時計
一日経って、とても喉がイガイガしています。
[PR]
by laport20070501 | 2011-08-05 09:32